薪ストーブにかかるお金のこと

設置費用とランニングコスト

薪ストーブや暖炉の値段はおよそ100万円〜160万円。カタログ掲載価格の他に煙突や設置費用が足し算された合計金額です。定期的なメンテナンスや燃料となる薪の調達にかかるランニングコストも想定しておきましょう。

設置費用

薪ストーブを購入するときの費用はどれだけかかるのか?憧れの薪ストーブライフに夢が広がると同時に、現実的な面も気になるところです。ここでは一番気になる価格や費用の内訳をざっくりまとめます。決して安いとは言い切れませんが、きっと人生にとって十分な価値のあるパートナーになるはずです。

本体価格 20万円〜100万円
材料価格(煙突部材等) 45万円〜65万円
工事費 20万円〜55万円

薪ストーブの製品価格以外に必要となる費用が、65万円〜120万円となります。この費用は薪ストーブや暖炉の製品価格に比例するわけではありません。よく薪ストーブの本体価格の2倍などと言われることありますが、正確な表現とは言えません。

とりあえず薪ストーブ本体は別として、建物に合わせた煙突の計画や設置場所のデザインなどでイニシャルコストが違ってきますが、薪ストーブや暖炉の設置に必要な合計金額はほとんどの場合100万円〜160万円の範囲です(もちろんそれに満たないケースもありますし、もっと高くなることもあります)。

ランニングコスト

煙突掃除を含むメンテナンスの費用

フルメンテナンスの基本料金  35,000円
お客様宅までの出張費用 0円〜18,000円
消耗部品等の交換費用 部品代金実費

大切な薪ストーブを長く、安全に使って頂くには、定期的なメンテナンスが欠かせません。周辺の掃除や灰の片付けなど、日常的なお手入れにはじまり、オフシーズンの煙突掃除や本体の点検など、本格的なフルメンテナンスが必要です。 特にフルメンテナンスは、次のストーブシーズンを迎える前にしっかりと行うことで、安心して暖かい冬を迎えることができます。

薪の費用

ランニングコストで一番大きくなるのが薪の購入費です。ここでは一冬分の薪にかかる費用を計算します。30坪ほどの新築住宅で、主要な暖房を薪ストーブや暖炉でまかなう場合に必要な薪の量は、少なくともおよそ2トン、3立方メートルほどになります。建物の断熱性能に依存しますので、それ以上を必要とすることもあります。薪1立方メートルあたり、2万円前後が現在の相場価格となっています。一冬で3立法メートルの薪を消費した場合には維持費のうちの暖房費、燃料費が6万円となります。
この数字は、今どきの高断熱住宅の場合です。断熱性能に不安があったり建物の規模が大きくなると、薪の消費量も2倍ぐらいになるときもあります。でも、今まで灯油で暖めていた時の暖房費と比べると、それほど高額なわけではありません。また、現実的には普段の生活で、エアコンやFFヒーターなどと同時に併用しているユーザーさんも多いのではないでしょうか。

原木を購入するし、薪を自分で作るケースもあります。原木を購入した場合、1立方メートルあたり6千円から9千円ぐらいが相場といえるでしょう。そうすると一般的なご家庭では一冬あたり2万円から3万円ぐらいで済みます。もしご自分で薪作りをするなら、このほかにチェーンソーや斧、薪割り機も揃えたくなりますし、中には薪ストーブのために軽トラックを購入する強者もいます。道具や機械の償却や燃料とメンテナンスで、年間に2万円ぐらいかかることもあります。でも薪割りを趣味として楽しむなら、あんがい安上がりかもしれませんね。

    • 薪ストーブを探す