アッペルシュトゥルーデル

_MG_3450

ドイツの伝統的なりんごのお菓子。秋にぜひ作って欲しい素朴で味わい深い家庭の味。

材料

薄力粉 卵 サラダ油 塩 牛乳 りんご(紅玉など酸味の強いものが美味しい) レモン汁 生クリーム ラム酒漬けレーズン ナツメグ シナモン 溶かしバター 粉砂糖

 

作り方

(15cm×40cmの型 2本分)

生地を作る。ボールに振るった薄力粉375gを入れ、卵2個を割り入れる。サラダ油大さじ2、塩少々を加え泡立器で混ぜ合わせる。人肌に温めた牛乳125ccを注ぎさらに混ぜ合わせる。このままラップをかけ、30分休ませる。

りんご1kgは皮をむき、芯を取って12等分にし、レモン汁適量を振りかけておく。

生クリーム250cc砂糖を好みの量加え、泡立てる。

台に打ち粉を振り、休ませておいた生地を置いて麺棒で出来るだけ薄く、長方形に伸ばす。

伸ばした生地の両端に泡立てた生クリームを縦に伸ばし、水気を拭き取ったりんご、レーズン100gをのせ、ナツメグ・シナモンを振りかける。生地を真ん中で2等分し、それぞれりんごとレーズンをくるむように生地を折りたたむ。

耐熱性のバットなどに溶かしバターを塗り、生地をそっと移して2本並べる。表面に溶かしバターを刷毛で塗り、220℃の炉内で約40分焼く。

焼きあがったら冷まし、粉砂糖を振りかける。

このお料理におすすめの道具

IRONDOG 鋳物ベーキングディッシュ

 

 

薪ストーブレシピ一覧に戻る

    • 薪ストーブを探す