薪ストーブの魅力

薪ストーブは
人生を愉快にする

メリット

なんといっても暖かく、お部屋も広々使える

一台で家中が暖まる薪ストーブは、そもそも暖房器具として優れています。暖房能力が高いゆえ、部屋同士を仕切る必要がなく、空間を広く開放的に使えます。すると、冬でも、狭い部屋に籠もることなく、広々としたスペースで活動的に過ごせますし、家のどこにいても家族の声や気配が感じられる住まいになります。
また、エアコンやファンヒーターと違い、身体の芯からじんわり暖まるのも魅力です。

一台で家中が暖まる薪ストーブは炎を鑑賞しながら、 心穏やかに過ごせる
メリット

炎を鑑賞しながら、
心穏やかに過ごせる

薪ストーブ正面のドアは、大きくクリアなガラス面を持っています。これは、薪が正常に燃えているか確認するための窓ではなく、千変万化に揺らめく炎を魅せるための仕掛です。いわば炎を鑑賞するための額縁なりスクリーンです。
火が燃えているのを眺めて心安まるのは、きっと人間の本能でしょう。あの炎のゆらめきを見つめ、薪が燃える匂いや音を感じて、人は飽くことを知りません。

薪ストーブで作る自慢の手料理
メリット

おいしい料理ができる
「実(じつ)」もある

薪ストーブがイメージやムードだけのものなら、世界中にこれほど多くのユーザーはいなかったでしょう。その存在がまとう雰囲気は、実用性や機能に拠るところが大きく、料理ができる点は、薪ストーブの特筆すべき「実」の一つです。まさに「花も実もある」暖房器具といったところです。
煮込みも焼きも火加減のコツさえつかめば、どんどんレシピが広がります。毎日の食事に、お友達を集めてのパーティに、薪ストーブ料理を取り入れましょう。

メリット

物語があるから、人が自然と集まってくる

炎が立つ様子に魅せられ、鍋から上がる美味しい匂いに誘われ、ストーブの前には自然と人が集まります。ストーブとストーブにまつわる話題で、家族の会話も弾みます。
リビングやダイニングにテレビがあっても、それは他所の人がつくる物語を流す受信機に過ぎません。薪ストーブは、薪を用意して火をつけるにも、その熱を暖房や料理に利用するのも、その風情を楽しむのも、ぜんぶ自分たちが関わっています。だから、その場に居合わる家族だけの物語が育っていきます。

メリット

いいものだけと付き合うと
心が軽くなる

人生を豊かにするのに、そう多くのものは必要ありません。普段暮らしの無駄を省き、シンプルだけどいいものだけを選んで長く付き合う方がいい。
ものが多いことは、ときに人の心を不自由にします。洋服でも道具でも、自分にとって必要最小限でいいから、その代わり素性のいい、しっかりしたものを選り抜いて使いこなしてみる。すると心が軽くなります。いいものとの交わりのなかで生まれる時間が愛おしくなります。薪ストーブはそのシンボルです。

マシュマロを焼くことも薪ストーブの楽しみ
メリット

自分で何とかする力が
知らず識らず
身についている

便利な機器に任せきりで過ごす人生はどこか味気ない。シンプルな道具に自分で働きかけ、手間や工夫を重ねるのが面白いじゃありませんか。薪ストーブの能力を目一杯引き出そうとする段取りや作業のひとつひとつが、ただ楽しいのであり、それゆえ余計身にしみる暖かさというのが本当のところあるのです。
それに、薪ストーブを使える人は、困った状況でもどうにか自分で道を開く力が、いつの間にか身についているように思います。

    • 薪ストーブを探す