ダッチウエスト一番の人気機種。
燃費・クリーン燃焼・暖かさ、
すべてに群を抜く高性能。

ダッチウエストで一番の人気機種

 燃費・クリーン燃焼・暖かさ、すべてに群を抜く高性能を誇るダッチウエストの代表機種です。単一シリーズとしては、日本で最も売れているストーブになります。その性能の高さと長年の使用にも耐える信頼性は、これまであまたのオーナーの期待に応えてきました。
 理想の燃焼システムは、自動車の排出ガスをきれいにするキャタリティック・コンバスターを薪ストーブに応用することで実現しました。一次燃焼、二次燃焼の後、未燃焼ガスを三次燃焼室に納められたキャタリティック・コンバスターに通すことで完全燃焼させ、より大きな熱エネルギーを取り出すことができ、あわせて排気に含まれる汚染物質を大幅に削減できます。
 ストーブ表面のデザインも秀逸です。小石で打ったような仕上げは、蓄熱・放熱面積を上げるだけでなく、ダッチウエストならではの風格ある表情となっています。

薪ストーブの概念を覆した
画期的排煙浄化システム

薪ストーブはアメリカ北部で生まれました。 それまでアメリカでは、暖炉だけで寒い冬を耐えなければなりませんでした。炎を直接感じる暖炉は暖かそうに見えますが、実は薪の持っている熱エネルギーの 約10〜20%しか暖房として利用できず、煙は大量に煙突から放出されてしまいます。 そこで、より薪のエネルギーを暖房として利用できる「密閉式」薪ストーブが発明されました。 その中でダッチウエスト社は、旧来の暖炉や薪ストーブの概念を打ち破るキャタリティック燃焼の薪ストーブを発明、実用化することに成功しました。その代表 であるフェデラルコンベクションヒーターは、その優れた熱効率と、無駄に薪を消費しない燃費の良さで、1980年の発売当時から、変わらぬ人気を誇ってい ます。

機能と美しさを兼ねた
アメリカの伝統的デザイン

 フェデラルコンベクションヒーターの表面は、小石で打ったような仕上げになっています。これは、デザイン性のためだけでなく、蓄熱・放熱面積を上げるために一役買っているのです。 この凸凹によって表面積が40%もアップ。さらに、ストーブの内壁を二重にすることで、放熱面積が58%アップしています。 従来の薪ストーブの約2倍の放熱性があります。

お料理にも適したクッキングトップ
薪ストーブライフをもっと楽しく

 コンベクションヒーターの表面は熱を最大限に放出するため凸凹を作ってありますが、反面、やかんなどをのせた時、底が密着しないのでお湯が沸きにくいという欠点があります。 これを解決し、熱伝導率を高めたのが、表面を滑らかに処理したクッキングトップです。

「トリパワー」燃焼システムで
 さらに暖かく、クリーンに

理想の薪燃焼システムは、キャタリティックコンバスター(触媒装置)によって実現しました。自動車の排出ガスをクリーンにする機能でよく知られている触媒装置ですが、これを薪ストーブに応用したことにより、ハイレベルなストーブ「フェデラルコンベクションヒーター」が生まれました。三次燃焼室に納められたキャタリティックコンバスターは、250℃から効果を発揮し高い温度を発するため、その直下にある二次燃焼室も同時に熱せられ、相乗効果によってクリーンバーニングが加速されます。 (これに一次燃焼室の燃焼を加えて3つの燃焼パワー“トリパワー燃焼システム“といいます) このトリパワーにより、ススやクレオソートなどの汚染物質の量が従来のストーブのおよそ十分の一以下になります。 地球環境にダメージを与えない、クリーンな排気システムを持つフェデラルコンベクションヒーターはまさに、理想的な薪ストーブと言えます。

お料理の保温や煮込み
何かと便利なウォーミングシェルフ

 鋳物製のウォーミングシェルフは、お鍋の保温に役立ちます。

各部機能のご紹介

バイパスダンパー

着火間もない温度の低い燃焼ガスは上昇するパワーが低いため、キャタリティックを通すことができません。そのような着火初期に煙を直接煙突へ逃がす装置が バイパスダンパーです。バイパスダンパーを開いて煙を直接煙突へ逃がすことによって、着火性が高まります。また、薪の補給時にバイパスダンパーを開くと、 室内への煙の吹き返しがありません。(付属のハンドルを使って開閉します)

ウォーミングシェルフ

ストーブトップを有効に使えるウォーミングシェルフ。あなたのストーブライフが広がります。ダッチウエストブランドのモチーフとなっている麦の穂が彫られ、左右いずれか、もしくは両側に取り付けることができます。(オプション/FA225、FA265のみ可)

麦の束のアンダイアン

ダッチウエスト薪ストーブのアンダイアン(薪支え)は、麦の束を模したデザインです。麦といえば、アメリカでは豊穣の象徴。家族の中心で暮らしをあたためてくれる薪ストーブに、豊穣の象徴である麦を添えて、家族の実りを祈っているのです。

アッシュパン(灰受皿)

エントリーを除くダッチウエスト・マジェスティック薪ストーブには全て大きな灰受皿が付いています。燃焼室とは別に、独立した灰受専用のドアがあるので、燃焼中でも簡単に灰受皿を取り出すことができます。(コンコード、プリマスは灰受皿用ドアはありません)

空気調整口

ストーブ内の火力の調整はこの空気調整口によって簡単に行うことができます。コンベクションヒーターには2ヶ所、セネカ・セコイアには3ヶ所、エンライ ト、エリート、エントリー、コンコード、プリマスには、それぞれ1ヶ所の空気調整口があります。キャタリティックモデルは、一次燃焼空気にプラスして、二 次燃焼空気もコントロールできます。

クッキングトップ(グリドル)

コンベクションヒーターの表面は、小石で打ったように凹凸を作ってあります。これは表面積を40%ほど増やして、より多くの輻射熱を放出させ、室内を暖め るために考えられた特徴です。そのため、やかんなどをのせた時、底が密着しないのでお湯が沸きにくいという点があり、これを解決し、熱伝導率を高めたの が、表面を滑らかに処理したクッキングトップです。

エアーウォッシュシステム

ダッチウエストの全ての薪ストーブには、熱膨張をほとんど起こさない高性能の耐熱ガラス窓が装備されています。炎の揺らめきを楽しんだり、薪補給のタイミ ングを目視できます。通常では燃焼室の煙によって曇ってしまうガラス窓ですが、暖められた一次空気をガラスに吹き付けるシステムによってすすが付きにくく なります。

サイドローディング

薪の補給は、前面のドアで行うこともできますが、側面のローディングドアを使うと、より簡単に入れることができます。サイドからの薪補給は、安定燃焼を阻害する乱流の発生を最小限に抑え、煙より低い位置にドアが設置されているので、室内への吹き返しを防ぎます。

プローブ温度計

ダッチウエストのキャタリティック燃焼ストーブは、プローブ温度計を採用しています。プローブ温度計は、表面からは測れないキャタリティック燃焼の温度を測ることができます。適切な空気量や、薪の補給時期を教えてくれるだけでなく、燃やしすぎの場合も警告してくれます。

コンバスターエアーダイヤル

二次燃焼空気量をコントロールしてコンバスターの過燃焼を防ぎます。ダイヤル式のため細かいコントロールが可能です。

基本情報
製品名 フェデラルコンベクションヒーター
型番 FA285
メーカー DUTCHWEST(ダッチウエスト)
価格 ¥440,000(税抜)
デザイン クラシック
広さ
スペック
最大薪長さ 63cm
最大燃焼時間 12時間
平均暖房面積 111~216m2
平均熱出力 13,900kcal
高さ(H) 875mm
幅(W) 720mm
奥行き(D) 650mm
重量 287kg
煙突径 152mm / 203mm(6インチ / 8インチ)
燃焼効率 75. 9%
排気煙量 1.3 g/hr
可熱物との安全距離 背面77cm / 側面91cm
基本情報
製品名 フェデラルコンベクションヒーター
型番 FA265
メーカー DUTCHWEST(ダッチウエスト)
価格 ¥390,000(税抜)
デザイン クラシック
広さ
スペック
最大薪長さ 55cm
最大燃焼時間 9時間
平均暖房面積 74~144m2
平均熱出力 10,100kcal
高さ(H) 750mm
幅(W) 660mm
奥行き(D) 590mm
重量 197kg
煙突径 152mm(6インチ)
燃焼効率 75.1%
排気煙量 1.4 g/hr
可熱物との安全距離 背面77cm / 側面91cm
基本情報
製品名 フェデラルコンベクションヒーター
型番 FA225
メーカー DUTCHWEST(ダッチウエスト)
価格 ¥320,000(税抜)
デザイン クラシック
広さ
スペック
最大薪長さ 48cm
最大燃焼時間 8時間
平均暖房面積 65~126m2
平均熱出力 8,800kcal
高さ(H) 750mm
幅(W) 560mm
奥行き(D) 590mm
重量 172kg
煙突径 152mm(6インチ)
燃焼効率 75.3%
排気煙量 1.1g/hr
可熱物との安全距離 背面77cm / 側面91cm
    • 薪ストーブを探す