お知らせ

2019
3/12

環境にやさしいの?

夏場は40度近い気温になったり、ゲリラ豪雨が起こったりと、最近は地球温暖化を感じることが多くなりました。二酸化炭素は地球温暖化の原因の一つといわれ、現在世界中で二酸化炭素削減が取り組まれています。けれども、物を燃やせば二酸化炭素が出てしまうもの。そのため、薪ストーブも環境によくないと考える方がいますがそれは大きな間違いです。
そもそも薪は木を伐採して作られます。そして木は十分な大きさになるまで空気中の二酸化炭素を吸収し育ちます。吸収した二酸化炭素は、燃やした時に再び空気中に排出されますが、さらにその二酸化炭素を吸って木が育つというサイクルができあがっており、結果的に地球上の二酸化炭素の量は変わることはありません(カーボンニュートラル)。また、木は伐ってもまた芽吹いて、半永久的に再生を繰り返すことができる、とても貴重な資源です。一方、石炭や石油、ガスなどの化石燃料は燃やせば大量の二酸化炭素を発生し、地球温暖化を引き起こします。また、一度使ってしまったら再生することはできません。
このように、薪を使用する薪ストーブはとても環境にやさしい暖房器具だといえます。地球上に暮らす私たちが自然環境について考えることは当たり前のこと。急速に進む温暖化を防ぐためにも、化石燃料への依存を減らし、積極的に自然エネルギーを使いたいですね。

    • 薪ストーブを探す