DUTCHWEST(ダッチウエスト)

暖房性能、燃費ともに優れた名ストーブ

燃焼効率・熱効率に優れ、薪の消費量は少なく済むのに、家中がしっかり暖まる。薪の補給のしやすさなど操作性がよい。火力を調節できる幅が広いので、真冬だけでなく少し肌寒い日にも使いやすい。さらに環境性能も高い。ダッチウエストは、まさにキング・オブ・ストーブです。

ダッチウエスト社は、1974年ブルース・マッキニーによりアメリカ北東部のバーモント州に設立。開放式の薪ストーブが当たり前だった時代、マッキニーは鋳物製で密閉型の、フェデラルコンベクションヒーターを世に送り出しました。燃焼効率・熱効率に優れた同製品は、現代型ストーブの原型ともいえる存在です。そして1984年にダッチウエストは、世界で初めてキャタリティック・コンバスター(触媒)を搭載したストーブを開発します。これにより、熱効率の50%向上、薪消費量の25%削減、煙燃焼率90%を達成しました。

また、アメリカでは薪ストーブや暖炉の排煙に関する厳しい基準がEPA(アメリカ合衆国環境庁)により設けられていますが、フェデラルコンベクションヒーターをはじめ同社ストーブはすべてこの基準を満たしています。

    • 薪ストーブを探す